竿下和美&中地聖子によるユニット        サックス&ピアノユニット「ティーモ」


武蔵野音楽大学卒業サックス奏者中地聖子、京都市立芸術大学卒業ピア二スト竿下和美によるユニット。2005年結成。結成当初は【音楽のバリアフリー化活動】と自身の活動テーマを決め、ジャンル、場所にとらわれず生演奏をお届けする事を大切に活動。そして日本赤十字社にコンサート収益を寄付するなど社会貢献活動にも力を入れている。近年は愛するクラシック音楽に特化し、クラシック音楽作品をオリジナルとは異なる音色をサックスとピアノによって表現する事により、新たな魅力発信に力を注いでいる。年間を通じたコンサート活動の他、各地の音楽祭、イベントなどにも出演。TV,ラジオ、地方紙などマスメディアに取り上げられることも多数。現在、クラシック音楽を編曲企画コンサート『一新紀元シリーズ』とんちで有名な一休寺で行っている『とんちの里クラシック』は特に好評頂いております。


とんちの里クラシック~一部ご覧いただけます~